ペーパーインソール(紙製靴中敷き)

足汗の原因とは

足の裏は汗を掻きます

これは当然の事なんですが、この当然の事が色々と問題の原因になります。

足が汗を掻いた後ベタベタしたり湿った感触が不快感を感じてつい嫌悪感の対象になってしまいます。
足汗と足の臭いがひどくとても嫌な気分になったりします。

なんで足の裏に足汗を掻くんだろう
どうして汗をかかなければならないんだろうという疑問がおこります。

足汗の原因

よく言われていることですが主に汗を掻く原因は3つあります
温度調節機能による発汗:運動した時や暑い時に体温を調整する
精神的発汗:緊張や不安によるストレスによって引き起こされる汗。プレゼンや会議など人前での発表などで極度の緊張ででる汗。
多汗症:特に汗が多いという方でも医療機関で診てもらわなければ判断はつきません。自己判断はやめましょう。気になった場合は医師に相談がおすすめ。

ここでは主に暑さや運動によってでる足汗にクローズアップしていきます
仕事や労働、通勤など普段の生活なかで常に汗をかいている現代人。
少しでも足汗に対する理解と問題解消につながればと思います。

足汗の原因

さて肝心要の足汗です
足汗の原因とは

これはまた自然なことなんですが、ただ足の裏に掻いている汗なんです。
汗を掻くという事を考えると
人の身体は特殊な部分を除いてはほぼ全身汗を掻いています。
足の裏も例外ではありません。
普通の汗なんです。

ではなぜ足汗がそれほど問題視されるのかというと…

足汗の問題点

足に汗を掻くということの、次に起こる現象が問題視されているんです

足汗が引き起こす問題とは

  • ぬるぬるとした湿った、濡れた感触がいや
  • 汗を掻いた後の臭いが臭くて困る
  • 臭いや感触、人に見られたら恥ずかしい、人前に靴を脱げないなど
    多くは他者を気にして発生する問題だと思われます

    それが原因で自分自身を責めたりするようになってしまいます。
    しかし自分が悪いんだと自分を責めても何の解決にもなりません。
    汗は重要な身体機能のひとつだからです。

    それではどうしたらよいのか。
    自分や他人を気遣いつつ対策したいですね。

    足を石鹸で洗う

    足汗の対策

    汗との上手な付き合い方
    汗は籠った場所や布に密着した場所だと蒸発できずに流れ落ちます
    大量に汗を掻いた場合も同様に汗が流れます
    少ない汗なら空気に触れて蒸発してしまうのでそれほど気になりません

    しかし足の汗は常に空気に触れているわけにはいられません
    なぜなら靴を履いているからです
    靴が空間を遮断して湿気を閉じ込めてしまうからです
    仮にサンダルだとしたら湿気がこもることはありません
    外の外気に触れて湿気が飛んでしまうからです
    一方くつの底に接している皮膚はやはり汗が蒸発しないのでベタベタします。

    季節によっても靴の中の温度や湿度によって汗の掻き方も変わってきます。

    足に対しての直接の対策としては制汗剤や足拭きシートなど市販のものがたくさんでています
    しかしこれも汗を外部から抑える役割であって直接発汗をなくすということではありません。

    また靴の中の状態を少しでも良くするため、臭い対策湿気対策をするための靴のインソールがあります。
    こちらも間接的な対策になります。靴の中で雑菌を押さえ臭いを抑える。湿気を吸い取り靴の中を快適にしようとするのが目的。

    足汗の原因がなんとなくわかってきたと思いますが、足汗の対策は間接的なものが主流です。

    結果的に人前で靴を脱げるということが気にならなくなれば良いと思います。

    ケースバイケースで靴の中敷き、制汗剤など使い分けて快適に過ごす一助になれば思います。

    足のお手入れ・洗い方

    靴の臭いの原因なども紹介しております。

    当サイトでは靴の中で雑菌を押さえ臭いを抑える、湿気を吸い取り靴の中を快適にする靴の中敷きを紹介しています。

    アシート 抗菌タイプ 女性用23cmアシート 女性用 23cm アシート 抗菌タイプ 女性用24cmアシート 女性用 24cm
    アシート 抗菌タイプ 男性用 25cmアシート 男性用 25cm アシート 抗菌タイプ 男性用26cmアシート 男性用 26cm アシート 抗菌タイプ 男性用27cmアシート 男性用 27cm
    PAGETOP
    Copyright © アシート 通販 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.